Despite の意味、使い方、例文

Despite の意味、使い方、例文

Despite

意味 : ・・・にもかかわらず、・・・のくせに、・・・の割には、軽蔑的な無視、悪意、恨み

解説

品詞:前置詞、名詞

どちらも良い意味でつかわれないです。

前置詞の場合の使い方は通常と変わりありません。
“Despite the cost”
「何が何でも」

“Despite my effort”
「どんなに頑張っても」

“Despite my kindness”
「私の親切にもかかわらず」

“My mother worked hard despite being unwell”
「調子が悪いにも関わらず、母はよく働いた」

Despiteの後には名詞か動名詞が来ます。

“in spite of”も同様の使い方と意味があります。

“I hold on my homework in spite of my fever”
= “I hold on my homework despite my fever”
「熱があるにもかかわらず宿題をしている。」

また似た意味で”Although” “Though”が使われますが、この2つは接続しなので後ろには文が続きます。

“I enjoyed my trip to Japan though I can’t speak Japanese at all”
「日本語はまたく話せないけど、日本への両行は楽しかった。」

“Though”よりも”Although”の方がフォーマルです。

Despiteが名詞の場合は「悪意」「恨み」といった意味でつかわれます。

“Despite is one of thing most scary”
「無視はとても怖いもののうちの一つだ。」

例文

Thank you for today despite your busyness.
忙しいのにも関わらず今日はありがとう。
Despite that, I will continue to use English.
それでも、私は日本語を使います。
I woke up 7:00 am today despite nothing else to do.
And I caught wind of something to bad.
I went out my home and I noticed that there is a woman who cry alone.
A woman is my wife then I hold on her hard.
何もすることがないのに今日は7時に起きた。
嫌な予感がした。
外に出てみると女性が一人で泣いてることに気付いた。
その女性は私の妻だ、そして私は強く抱きしめた。
The stock price of the company decreased and flattened out despite still having some room to fall.
その会社の株価は小底入れとなった。
When he heard that, he gave a wry smile despite himself.
それを聞いて、彼は苦笑いをした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です