I hear (that) の意味、使い方、例文

I hear (that) の意味、使い方、例文

I hear (that)

意味:~のようだ、 ~だそうだ

解説

日本語で、伝聞や推量などを表す際に「~のようだ」や「~だそうだ」という表現はよく使います。
英語でも同様で、伝聞の際にはそのまま「~だそうだ」という表現を”I hear that ~”という表現になります。直訳すると「私は~と聞いた。」という風になります。

そもそも伝聞とは書いて字のごとく、「聞いて伝えられた」という自分では確認していないが、人から聞いた話をする際に使います。
日常生活で以外に使っている表現でありシチュエーションだと思います。また実際に話している際に「~だそうだ」というのは意識して使っているわけではなく、よほどの屁理屈な方でもない限り、
人から聞いたことを他の人に伝える際には、「~だそうだ」という伝聞表現を使うと思います。
英語も同様ですが、これを自然と声に出せるようになるまではなかなか難しいと考えられます。
よほどのネイティブでもない限りはなかなか染みつかないものとご認識下さい。

例文

I hear that you and miri will marry next month don’t you?
君と美里が来月結婚するんだって聞いたんだけど?
I hear that she felt envy for everything. I don’t know the reason why.
彼女がすべてに嫉妬しているそうだ、理由は知らないけど。
He says that “I hear that you don’t remember me though we played basketball when we were children.”
彼は「俺のこと覚えていないんだって?子供のころバスケを一緒にしたのに」と言った。
I hear that your company maybe go bankrupt right?
君の会社がつぶれそうなんだって?
I hear that this maybe true.
これは正しいらしい。