Radwimps – 嫌ん

Radwimps – 嫌ん

嫌ん Lyrics

All these words are meant to be SO WHAT?
All these hates are said to me SO WHAT?
All these words are meant to be SO WHAT?
All these hates are said to me…

出会い 触れ合い 心交し合い 今の僕に向けたかけがえのない
深い 愛すべてを忘れることなく 時と共に僕の性に囁く
だけどなぜ? 単純に死ぬまで この世に何も与えず死ねるわけ?
こんな俺なら 笑いながら デカイことで 役に立ってやるから

You never see the lights that shines behind your eyes
Although it’s brighter than the brightest sun
but you never turn around to see how it shines
You never know why you can see it in your eyes
Why these words coming out of my mind
You never know what keeps me high in these nights

I might fall into pieces with all my compensates
but theres one thing i’ve learned

There’s no such thing as fear
(What for do I live What can I do)

I said I just don’t have to be me
I mean you just don’t have to be you
I guess I wanna be the man who’s never born※

夢見るために生きてるわけじゃない
他にいくらもすることあるじゃない
What for do you ask 「What for?」 ?
なくした純粋さ 隠した平凡さ 探してたフリしてただけなんだ

WHY DO I LIVE? WHAT CAN I BE?
普遍の人生のテーマを 譜面に載せて歌うけれど
WHAT FOR DO YOU ASK? WHAT AM I?

They’ll never say all these words are meant to be…
They’ll never say all these hates are said to me…

嫌ん


和訳

(Only English phrase translate to in japanese.)

すべての言葉は意味があるの?
すべての嫌悪は俺に何を言いたいの?
すべての言葉は意味があるの?
すべての嫌悪は俺に・・・なにを・・・

お前は背後で輝いてる光を見ることは絶対にない。
だけどな、そいつは快晴の太陽よりも明るい。
だがお前はどう輝いているか見るために振り向いたり絶対にしない。
お前は知ることがない。なぜおまえの眼は見ることができるのか。
なぜこれらの言葉は俺の心からむき出しになるんだ。
お前は絶対に知らない。なにが俺をこれらの夜に高くいられるかを。

俺は俺の補償付きのピースに分類する可能性がある。
けど、おれが学んだ一つの事。

そんなもん恐れる心配はない。
(何のために生きて、何ができる。)

俺になってはいけないと俺は言った。
それはお前はお前になってはいけないという意味だ。
俺は生まれることができない男になりたかったんだと思う。

何のために訪ねている?(なんのため?)

なぜ生きる? 何になれる?

何のために訪ねる? 俺はなに?

奴らは絶対に言わない。すべての言葉は何を意味するか
奴らは絶対に言わない。すべての嫌悪は俺に何を言いのか

いやん


結構暗い曲ですよね。
和訳が少し難しかったです。
あまり聞きなれない言い回しが多いですね。

「いやん」って言うくらいですからね、
この曲あまり知名度がないのかな?と思えるくらい検索に引っかかりませんでした。
Youtubeの再生数もそんなに伸びていないところを見ると本当に知られていない曲なんでしょうね。

前回はBy my sideをご紹介しましたが、Radwimpsは初期のころから大ファンでよく聞いていました。

皆さんが知らない曲をご紹介して気に入っていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です