the HIATUS – Thirst

the HIATUS – Thirst

Thirst Lyrics

And I get caught up in the thirst
Looks like I’m diving in headfirst
Slip in a paperback of tales
No one to resist

How do I get away with it
Your voice still sticks within my head
Like howling in the hills
Is it gonna be the same someday

I guess I need to spit my guts
Push some crushed leaves into my cuts
Here comes the keeper of the flame
Greatly how you are missed

Daybreak dream left us so restless
Asking for mercy from the gods
They left us long ago

This time, forgotten seconds, waiting
This time, forgotten seconds, waiting
This time, forgotten seconds, waiting
This time, forgotten seconds, waiting

Silent dreams
Violent screams
Make me bleed
Losers weep
Will we remember
What we’ve done wrong
When it comes down to the edge
Memory bites like razor cuts
Guardians are at its arc
When it stopped raining
Reasons fading
No escaping
We still make love

This time, forgotten seconds, waiting
This time, forgotten seconds, waiting
This time, forgotten seconds, waiting
This time, forgotten seconds, waiting

Guardians are at its ark
When it stopped raining


和訳

そして渇きにとらわれる
頭から飛び込んでいくみたいに
物語のペーパーバッグにすべり込む
誰も抗わない

それから逃げるにはどうすればいいか
君の声が頭の中に今でもこびりついている。
まるで丘に響き渡る遠吠えみたいに
いつの日か同じになるかな

すべてを吐き出した方が良いみたいだ
バラバラに散った落ち葉を傷跡に押し込んで
火の門番(keeper of the flame)がやってくる
素晴らしい、君はどのように逃げ遅れる

あなたはずっと待望されてる
明け方の夢で落ち着かない
神々の慈悲を求めても
とっくに昔に僕らは置き去りにされた

いまこの時 忘却の瞬間に 待っている
いまこの時 忘却の瞬間に 待っている
いまこの時 忘却の瞬間に 待っている
いまこの時 忘却の瞬間に 待っている

静寂の夢
暴力の叫び
血を流すよ
敗者はすすり泣く
ぼくらは思い起こすかな
ぼくらの過ちを
エッジまで来たときには
剃刀の傷みたく思い出が噛み付く
守護者たちはアークに
雨が降り止む頃に
理由が褪せていく
逃げ道はない
だけどぼくらは愛を紡ぐ

いまこの時 忘却の瞬間に 待っている
いまこの時 忘却の瞬間に 待っている
いまこの時 忘却の瞬間に 待っている
いまこの時 忘却の瞬間に 待っている

守護者はアークに
雨が降り止む頃に


the HIATUSの隠れた名曲”Thirst”
「渇き」という意味です。
“Thrist”「悲しみ」とは違います。
一文字違いですね。
なにか意味があるかもしれません。(そもそも歌詞が悲しいです。)

“Daybreak dream left us so restless . Adking for mercy from the gods. They left us long ago.”
夜明けの夢のせいで休めない。神に問いかけても彼らはとっくに僕らを見放した。

だけどやはり最後にはどうなっても
“We still make love”
僕たちは愛し合う。(性的な意味で)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です